龍巌山 常恩寺(じょうおんじ)

 創立は 本寺 永泉寺九世 一峰全得和尚が開かれ御開山となっております、創立は不明ですが全得和尚の亡くなられた日、文明一三年十月十七日からしますと西暦一四八二年以前であります。
その年代には、室町時代の臨済宗大徳寺派の僧一休宗純和尚の時代でもあります。
今までに二回の火災に遭いことごとく消失しております。
現在の本堂は二十一世大真全低和尚の再建によるものです。
境内には釈迦三尊をお祀りした六十一坪の本堂・五十八坪の庫裏・土蔵作りの観音堂であります。
現在二十九世

常恩寺へのwebマップ

常恩寺への広域マップ